ズボンのチャックが開いてますよ

『ブログ』で書きたい事を書いてます

1年で40万PVを達成した私なりのまとめ

      2016/02/02

こんにちは村瀬です。

おかげ様でメインのブログが1周年を迎えましたのでいろいろ書いてみます。

といういうよりも、この記事はメインの記事の続きです。

前の記事:ブログ1周年の運営報告

 

※実はこの記事は半分程消してから公開していますがご紹介されたので復元できるかわかりませんが可能の限り追記しておきます。

参考リンク:2016年1月に印象に残った記事ベスト5。できれば参考にしたい記事ばかりです。

1年間の推移

PV 楽天 Amazon アドセンス 合計
1 3131 0 0 0 0
2 4367 192 0 400 592
3 5169 9 317 523 849
4 7218 367 306 954 1627
5 15322 1700 2896 3271 7813
6 28985 4000 8673 8000 20673
7 61981 17000 38040 16018 71058
8 106636 24925 52925 25589 103439
9 164734 42074 91706 49982 183762
10 218983 57191 116000 61259 234450
11 302862 72890 155000 90670 318560
12 407857 127555 219634 124388 471577

本来であればあまり収益とかPVとかを書くつもりはありませんでしたが、これからブログを始める方に参考になればと思い書いてみる事にしました。

私の場合はA8などの広告も入れていますがあまり結果がないのでここには数字を入れていません。

 

なぜ、私が今までこういった数字を出さなかったかと言いますとなんだか自慢をしている感じがしてもやもやするので数字を出していませんでした。

ただ、今回は私のポリシーに違反しても書きたかった事は流行りの有料のnetoやサロンに入らなくてもちゃんとした事を押さえれば必ず結果が出るという事を皆様に伝えたいと思ったからです。

私がここまで成長できた理由

私は情報商材や本は一切買っていません。ただ、インタネット上にある情報を試してみて結果出るまで続けるという事だけです。

SEOとか売れるライティングとか本当に何となくやっているだけです。

参考:今年1年書いた記事数と信頼を勝ち取る為のストーリー

 

ただ1つだけ私がお伝えできる事は繰り返し検証してみて結果がどうなのか?を常に考えて検証する。そしてトライしてみるという事だけです。

つまりPDCAって言う感じですね。

私がPDCAをする時に一番参考にしているのはSearch Console(グーグルウェブマスターツール)の検索アナリスクのデーターです。

データー

検索アナリスクをこんな設定で1週間ごとに期間の比較をします。

データー

検索アナリスクを見た時に一番見るところは検索されているキーワードのクリティカル率と順位を見ます。

ここで順位が高ければ当然クリティカル率が高くなります。また、同じ順位でもタイトルが読みたくなるタイトルであればさらにクリック率が増えます。

逆に、まだまだ順位が低ければ順位が上がるように関連性のある記事を書き誘導する記事を書いたりします。

参考リンク:ブログやサイトの記事の書き方とこだわりのポイント

 

実は、最近自分のブログがつまらない件でも少し触れましたが私は関連性のある記事を10記事程書いて順位を上げたい記事にリンクを送る事で順位が上がりました。

それ以外にもいろいろな要因はありますが私が成長できたのはSNSでいつもシェアして頂いている皆様の力が一番大きな要因です

何度も読みたい記事を意識した

私がブログを書くときに意識している事は1回読んだら終わりではなく何度も読んで貰える。

という感じで記事を書いて来ました。ですから記事を読んで『ためになった』のではなくまた読みたいやあれ?どうだったっけ?

と言うようにブックマークや検索をして何度も読んで貰えるような記事になるように意識して書いています。

 

そして、新しく記事を書くという事も大切ですが、記事を毎日書いていると1年前に書いていた記事を読み直すと非常に残念になります。

1年前の記事を読み直すと誤字があったり言い方や伝え方が全然なっていなくて修正する部分がある事に気づきます。ですから記事を定期的にメンテナンスしたりします。

もちろん紹介している商品が古ければ新しい物に差し替えたりもしています。

収益を上げるには?

初心者の方に私がおすすめするのはAmazonアソシエイトです。

私はカエレバを使ってAmazonと楽天リンクを一緒に張っていますが実際収益は2倍にはなりません。他のサイトでも半年ほど実験していましたがAmazonと楽天のリンクを表示したときの収益は1.1~1.3倍ぐらいになるかぐらいです。

この辺はブログの運営スタイルやテーマによります。

 

それでも、私がカエレバを使っているのはユーザーの為にです、それぞれのユーザーに最短のリンクを紹介したいからです。

 

で、なぜAmazonアソシエイトをおすすめするかと24時間以内に売れた商品が報酬になる事と売れた物が明確に見えるからです。

 

Amazonアソシエイトの利点

  • cookieが24時間有効
  • 売れた商品がわかる
  • プラグインとかいろいろある
  • 報酬が平均4%ぐらい

Amazonアソシエイトおすすめな理由

良く収益を上げるにはペルソナが重要と言われますが、ブログを始めたばかりの時なんてそんな事設定出来ていない人が多いと思います。

初めからペルソナを意識していればと他のASPを使った方がいいのですがペルソナを設定できていない方が成長する為の要素がたくさんあるのでAmazonアソシエイトがおすすめです。

 

理由は収益が楽天より高いからおすすめなのではなくペルソナを想像できる情報が得られるからです。

たとえば、私のブログの場合『おとなのグッツ』や『コミック』が売れていたりします。

でも、この購入してくれた人はどの記事を読んで購入したんだろう?って想像するのが大切です。

この2つの商品はおそらく30代ぐらいの男性で『ワックス』の記事や『男性のヘアケア』と言う記事からの購入者なのかな?って言う感じで想像できる一つのヒントになるという事です。

また、cookieの有効が楽天とは違い短いので購入して貰うまでの難易度が楽天より上がるので商品を購入してもらえるまでの道のりが険しくなるので少し勉強をしないといけないという所です。

こういった商品を売るというスキルが磨かれると言う意味でAmazonアソシエイトはおすすめです。

ペルソナを意識して記事を書く事が出来るようになればAmazonや楽天と言った低単価の商品よりも他の高単価の商品も売る事が出来るようになるからです。

そんなデーターが得られるのでAmazonアソシエイトがおすすめなのです。

 

まぁ、ここまでいろいろお話して来ましたがもしもアフリエイトを使えば楽天もAmazonも何が売れたかを見る事が出来ます。

広告を出す側の気持ちを考えてみる

では、アドセンスで広告を出している企業の気持ちを考えてみましょう。

あなたは、広告を出す側としてクリックしてサイトに誘導してもその後のアクションが無いサイトに広告を出したいですか?

クリックして商品を購入してくれるのか、何かしらのアクションをしてくれるサイトに広告を出したいと思いませんか?

私のブログの場合一番クリックされる広告はAmazonです。

アドセンスからAmazonの広告をクリックされて商品を購入されるとAmazonから直接購入するのでは商品によって報酬が違うので良くも悪くも働きます。

ですから、報酬の少ない楽天やAmazonは計算上マイナスに働く事が多いので表示しない方がいい場合と悪い場合があるので設定も見直す必要があります。

参考リンク:Criteoブロック後もGoogleアドセンスに楽天広告が表示される

 

では、逆に広告を出している側からすると商品が売れるサイトには広告を入れたいし逆に売れないサイトにはあまり入れたくないですよね。

また、広告を出す側からすれば広告宣伝費は安くしたいので安くなる = 報酬が少なくなるのです。

ですから仮にあるビックキーワードで上位表示した場合はアドセンス広告よりも表示されている商品を張ったり紹介した方が良いです。

この辺は今回の記事ではあまり触れませんが何となく記事を書いて自動的に入る広告で収益が出るのではなく広告を出している企業の事を考えて見るといろいろ見えてくるものがあるという事です。

※cookieを一度消して上位に表示されているキーワードの記事を見てみましょう。表示されているアドセンス広告の商品がASPであったらラッキーかもしれません。

広告とアンカーリンクの位置

広告の位置

まず、アドセンス広告の位置と大きさですが『大きいは正義』です。

いろいろ広告の位置を試しましたが一番結果の出ている配置はスマホでは336×280が初めのh2の上・2番目のh2の上・記事下がおすすめです。

ただ、私が1年間いろいろ試して一番クリック率が多いのはリード文下ではなく私の場合2番目のh2です。

これはアドセンスのデザインが『どうなっているのか?』でも変わりますが、リード文下の広告はh2のデザインに合わせていますが2番目のh2は本文のデザインに合わせています。これだけでクリック率が変わるという事です。

 

次にPCの場合リード文下は大き目の広告にしています。

PCユーザーあは当然広告なんてクリックしない方が多いのですが広告が大きければ単価が非常に高くなります。これは絶対です。

ただ私のブログではPCユーザーがあまりいないので改善できるだけのデーターがそろっていないので改善するまでには時間がかかるという事でどういたらいいのかわかりません。

wordpressをお使いの方はこちらの記事を参考に自動で入れ込みましょう。

参考リンク:WordPressで記事中の見出し直前にアドセンスを挿入する方法

 

次に広告のリンクや関連記事を入れるのであればh2やh3の始めか、終わりがおすすめです。

もし本文中にリンクを入れるのであればリンクから前後はスペースを空けるなど工夫がするだけで変わってきます。

また、本文中に入れる時は読みたくなる工夫が必要と言う事です。h2やh3の上下に画像を入れると目を休ませる働きがあるのと同じでリンクはこの位置のに入れるのがおすすめです。

ネタを作るよりも過去の出来事の方が面白い

ブログを始めるとまず初めの壁は『ネタ』がなくなるという事です。私もそうでした。

そうするとどうなるか?『ブログの為に行動してしまう』です。

つまりブログの為にネタを作る行動をするという事です。

でも、間違えてはいけない事はブログの為に作った行動なんて物は全く面白くもなくそんな記事は読んでもあまり何も意味のない記事だという事です。

自分ならどうした、自分ならこうしたという記事よりも『こんな事をして失敗したからこうしたい』と言う記事はとても面白みがあるのです。

ブログに書かされているのではなく自分の経験した過去の方が面白みがあり大切な事です。

ブログの為に作った行動はあまり面白みがありません。この辺はブログの運営の仕方によって変わってくると思いますが参考までに。

ブログに書かされているけどいいのか?

では、あなたはブログを何のために書きますか?

参考リンク:ブログを1年間続けて分かった事

 

過去にこんな記事を書きましたが収益を得たいのかPVを稼ぎたいのかただ楽しみたいのか?でブログの運営方法は変わります。

 

私の場合は1番目に大切な事は読者が幸せになってくれるという事です。

 

これは収益やPV云々ではなくただ良い物をみんなが使ってくれたらいいなと言う事です。ですから私はPVを求めるのは誰かに伝えたいからです。

でも、収益とかPVとか突き詰めていくとブログに書かされているような感覚になり本当にブログが楽しくなくなってしまうのが現実です。

専門職だから伝えたい事

検索で1位になる事はとても難しい事です。特に私が書いている記事は美容に関する内容なのでライバルはたくさんいます。

でも、私のライバルってほとんど美容師ではなく一般の方かライターの方が多いのです。

これが本当に悔しいと思ったんです。

美容師としてプロなのにプロが書いた記事は1ページ目に無いのが現実です。ほとんどがキュレーションサイトやライターさんが書いている記事で本当に悔しかったから検索で1ページ目に入りたかったのです。

美容師さんが一生懸命発信している情報がほとんど伝わらないという悔しさ。私が検索で1位になりたいのは『プロとしてお伝えしたい』からです。

その結果、検索で1ページ目になるまで時間はかかりましたがその分の私なりに勉強できた1年でした。

文章の文字数のコントロール

良く長文は読みにくいとか短文が読みやすいとかいろいろな記事を見かけますが好きに書いたらいいんです。

読む人にとってとても魅力的な文章であれば1万文字でも読みたいし魅力がなければ500文字でも読む気がしません。

これはしかたないのです。興味があるかないかは人それぞれですから…ですから長文でも魅力があれば読まれるし短文でも読みたくなければ読まないのです。

そんな事を思いながら1年間文章を書いては消したり、修正したりと試行錯誤の毎日でしたが実はいろいろコントロールする練習をしたりしています。

このブログはいろいろな制限を自分で設けています。その1つが2000文字以内にまとめるという事です。

※今回は無理でした。

参考リンク:ブログやサイトの記事の書き方とこだわりのポイント

 

また別のブログは500文字でまとめてみるとか。いろいろ書いたりしています。

でも何度も言っていますが、ブログにはそんな事を考える必要はありません。文章を読んで『お腹いっぱい』になるのか『凄い良い文章だった』という思いになるのは人それぞれという事です。

参考リンク:売れるか売れないかは食べ物の評価で決まる

最後に

1人でもAmazon・楽天・アドセンスだけでも100万円ぐらいは行けそうですが1000万はちょっと厳しいと思います。

そして商品を売るという事はビジネスです。

私が記事を作る時にやっている事は尊敬するまめさんが素敵な記事を書いているので100回ぐらい読んでなめまわすように分析してみてください。

参考リンク:アフィリエイトで年間6000商品を売った賢明なるレビュー記事の書き方

 

最後に楽天で収益100万円って1億も売らないといけないしAmazonアソシエイトも平均で4%ぐらいの売り上げなので100万円って…

商品を売るという事は同じなので他のASPの方がいいですよね。

また、PVを多く取得する方法はたくさんありますがただ単にPVを上げるという事はとてもつまらない事です。そして収益を上げる事も『楽しいブログライフ』ではなくなるという事です。

 

私は紹介したい商品が見つけれないのでいろいろ損をしていますがこれは将来やりたい事の為だと思っています。ブログにそこまで必要なのかと私は思いますがこの辺で…

 

おしまし

The following two tabs change content below.

 - ブログ