ズボンのチャックが開いてますよ

『ブログ』で書きたい事を書いてます

ブログで大切な物はなんだろう?

   

こんばんは村瀬です。

私はメインで美容に関する情報を配信していますが最近は発信する事がさっぱりでなかなかと更新できていないです。

前回の記事でも書きましたが、サイトやブログを更新するたびになんだかモヤモヤするからです。

参考:尊敬していた方が尊敬できなくなったお話を書いてみる

お役立ちコンテンツの消耗戦

もはやお役立ちコンテンツは消耗戦になっています。私は誰かの為に情報を伝えたいから一生懸命情報を発信しています。

ですから伝え方を非常に考えていますがなんだかもやもやします。

検索において上位になるという事は一種のゲームなのかもしれません。が、自分の書いた情報がそのままリライトされるか既存のコンテンツの修正時に使用去れる事が非常に残念に感じます。0822の奇跡を運営されているのんべえさんも記事にしていましたのでそちらを参考に。

参考リンク:コンテンツは消耗戦の時代に突入しています。最終的に生き残るのは一体何なんでしょうね。

 

私は過去のシャンプーやトリートメントの成分をこだわらなくなった理由という記事を書きましたが私がシャンプーやトリートメントをご紹介するときに成分の事はあまり触れないようにしています。

ここで本当に言いたかった事はもうそういうコンテンツが存在しているので別に私が書く必要がないのです

ですから、私にしかできない事をすればいいんだなって感じでシャンプーやトリートメントの成分を詳しく書く事をやめました。

オリジナルコンテンツってなんだろう?

これからはオリジナルコンテンツの時代って言われますがオリジナルコンテンツってなんだろうっていつも思います。

そんな感じでなかなか更新できないのも現状です。

ただ、私の出来る事はプロとしてシャンプーを実際使った感じなどプロ目線で初心者の方にも納得してもらえるように紹介していく事なのかなって思います。

シャンプーについて様々なブログやサイトに紹介されていますが『実際に使ってこんな髪の毛の方にはこうなるといったプロ目線の物がないのが現状です』

※現存する店舗では特に。

 

ですから、私なりにプロとして真剣に商品と向き合いできた記事がシャンプーの記事です。この記事は実は同じ競合サイトに載っていない事が書いてあります。

参考リンク:美容師が語るシャンプー業界の裏側と本当におすすめするシャンプーまとめ

正解はだれもわからない。

Googleがどんな基準で書いた記事を評価して上位に記事を表示する事は実は誰にもわかりません。

ただ、どうしたら上位になったという検証や経験の上でどうしたら上位になるか?どうしたら評価されるか?などは人それぞれですが確実に蓄積されていると思います。

実際の経験や検証を得た方は情報を発信したり何となくわかるように説明してくれています。

しかし、Googleの検索エンジンは常に進化し続けているので正解は誰にもわからないのが現状です。

ですから、SEOとかこだわる必要はないいです。

無理に書く必要はない

上位にサイトを分析する必要はありません。だって、それをやるとみんな金太郎飴見たいな記事になっちゃうから…

自分の考えを率直に書いていくコンテンツが本当の意味で大切です。

当然最低限のSEOを行なう必要がありますが、最大のSEOを自分の記事を読みたい方がいるかどうか?という事です。

最低限のSEOは初心者ブログ指南を運営されているエローラさんが教えてくれていますよね。

参考リンク:ブログ初心者に知っておいてほしい7つの真実

 

 

ですから、無理をして記事は書く必要がありません。無理をしてネタを作る必要はありません。そんな記事なんてどこにでもあるのですからどうやって伝えるかが大切なのです。

参考リンク:ブログやサイトの記事の書き方とこだわりのポイント

新しい記事は書いてませんが書いてます

実はメインサイトを毎日書き続けています。新しいコンテンツは書いていませんが実は過去の記事の誤字を修正したり言い回しを変えたりとしています。

どうしたら伝えたい事をもっとうまく伝えれるかの試行錯誤でもあります。

また、私が記事を修正するときや新しい記事を書くときには競合サイトを見るのではなくキュレーションサイトを参考にします。

参考:尊敬していた方が尊敬できなくなったお話を書いてみる

 

実はキュレーションサイトって100%自分が伝えられていたら全部丸ごとコピーされるかもしくは全部自分のサイトからキュレーションします。

でも、されないって事は自分のサイトに答えがないからです。しかし、キュレーションだけあって答えが明確に書かれていない事が多くキュレーションされる = その内容に答えるべき正解を新たに記事にするヒントになるという事でもあります。

まとめ

そろそろ書いていきますよ。

 

あ、私が記事を作る時はこのタイミングは参考にしてください。

参考リンク:ブログのネタ切れで苦しい時は、「一旦やめちまう」必要があった件

 

 

そんなわけでただの酔っ払いです。

 

 

おしまし。

The following two tabs change content below.

 - ブログ