ズボンのチャックが開いてますよ

『ブログ』で書きたい事を書いてます

記事を書く能力は6割ぐらいでいいなって思う

      2015/10/15

こんばんは村瀬です。

最近思う事は記事を書く能力は6割程度でいいんだなって感じる今日この頃でこんな記事を書きます。

もちろん私は記事を書く為に100%の力で書きますがやぱり『伝える』と言う能力がまだまだであまり皆様に本当に使えたい事をお伝えできない今日この頃です。

でも、最近思う事は逆にそれがいいんだなって思います。今日はそんな記事です。

参考:ブログって書けば書くほど記事の精度が上がる

伝えるという事

私はメインのサイトで『美容』と言う事について書いていますが実はまだまだ記事の中でお伝えしたい事が使えきれていません。

だって私は文章を書くという事が苦手なんですから…

 

ですから、書いた記事を自分で採点すると60点程度で100点ではありません。

 

初めに書く内容も決まっていて伝えたい事も決まっているのですが100点中60点しか伝えれていないのが現状です。

もちろん私の力不足でもありますし経験が足りないだけなのです。

参考:最近プロとしてやばいなって思う事を書きます。

ブログで伝えるという事

最近私は有名なブローガーの方の記事を300記事拝見してある事に気づきました。

実はその方のブログ記事はタイトル名は違えど書いてある無いようが何度も同じテーマの内容なので記事の一部分が何度も読んだ内容になっている事を気づきました。

 

実は私も同じです。

 

タイトルは違えど伝えたい何かは同じなのです。

 

たとえば最近書いた『オーガニック』の記事ですが実は私はタイトルは違えど『オーガニック』に関する内容を何度も書いているのです。

でも、これって同じような内容ですが最近書いた記事の方が圧倒的に読まれているのです。

自分の中では今までのまとめやリライト記事ですが、チョットした事でたくさん読まれる記事になったのです。

記事は不十分でもサイトが補ってくれると思っていて

私はメインサイトで記事を書くときに4000文字を超える事や1万文字を超える事も珍しくはありません。

最近は長くならないように関連記事で伝えたい事を分散しているので割と短い文章になりますがこれって実際読んでくれていないので伝えたい事が全然伝えれていないのです。

 

私のメインサイトをはじめから読んでくれている方なら読まなくてもわかる内容になっていますが、初めて来た方に対してちゃんとお伝えできるようリンクを張っておりましたが実はユーザーからするとかなり面倒で特にスマホだと見たくないんです

PCの場合は別かもしれませんがよほど気になったタイトルでなければリンク先へといく事は少ないのです。

個人的な考えですが検索してお悩みが1ページで解決する事が一番重要なのです。

だって、私のサイトに来るまでにいくつかのサイトを見ているのだから

ですから、記事で不十分な事を関連記事としてリンクを張る事はユーザーにとって不便な事になるのです。

よほど読みたいと思う何かがなければあまり読まれないと私は思っております。

繰り返し書く事が大切

過去にブログを書けば書くほど精度が上がるのか?こんな記事を書きましたが繰り返し同じ内容について書くとどんどん伝えたい事の精度が増すんです。

これは私が身を持って感じている事です。

これは新たに新しい切り口で似たような記事を書くのも良いと思いますし既存の記事をリライトし直すどちらでも良いと思います

 

私の場合は修正不可能な記事の場合新たに記事を書き足しています。

 

繰り返し書く事は記事の精度も上がるし自分が新く得た知識を入れれるのでさらに精度の高い記事を書けるようになるのです

伝える事が6割で良いという事

私は意図的に伝えたい何かを6割にしているつもりではありませんが100%伝えれなくても良いと最近感じます。

ブログやサイトは広告を張っているので収益になり価値があるかないかが重要だと思いますが本当の価値は自分自身にあります。

 

ですから100%わかってしまうより何かが不足していた方がいいのです。

そうする事によってちょっとした疑問が生まれコメントやSNSで質問と言うアクションが生まれるのです。

 

チョットした何かがあえて足りない方がいいのです。

逆に100%出し切って100%満足してしまったら私は欲しい答えがもうなくなってしまうような感じがします。

また、100%出しきった記事がリライトされてしまったらそれを上回る記事を書けなくなってしまうのです。

まとめ

むしろ足りない何かを欲しいと思わせる何かが重要なんだと思います。

 

そんなわけで今日もなんだかわからない記事を書いているただの酔っ払いです。

 

おしまし。

 

The following two tabs change content below.

 - ブログ