ズボンのチャックが開いてますよ

『ブログ』で書きたい事を書いてます

『話し合い』と『ミーティング』の時間を少なくする為に書く勉強をしました。

   

こんにちは村瀬です。

私はなんだか勢い余ってこのサイトを立ち上げてしまったんですよね。

前にも書きましたが、私は言葉や文字を書く事が凄く下手です、伝える事も本当に苦手でいつも何かをお話していても遠回りでなかなか結論にまで持っていけません。

だから文字を書く勉強をしたいなってブログで文字を書く練習をして必死で勉強しているんですよね。

で、今回は『話し合い』と『ミーティング』の時間を少なくする為に書く勉強をしたのもブログを書くっていうきっかけでもあったんです。

ですからなんでそう思ったのかをエピソード付きで書いていきます。

参考:ブログって書けば書くほど記事の精度が上がる

『話し合い』と『ミーティング』の重要性

会社に勤めていれば必ず『話し合い』や『ミーティング』と言われる物があります。

会社以外にも恋人・夫婦・家族・友達と話合いをする事がたくさんあると思います。

私はこの話し合いって超苦手でなんだかだらだら話をしてしまって、結局何を解決したの?ってなるんですよね。

 

特に会社に勤めていると本当に意味のない『話し合い』はストレスになります。

私達美容師の場合は『キャンペーン』や『自店の現状』や『スタッフ教育の報告&改善』などを話し合いします。

 

でもね、私達美容師ってお話をする事が仕事なので『話し合い』や『ミーティング』をするとついつい話が反れてしまう事があります。

 

これって時間の無駄なのです。

 

私は会社に勤めていた時もそうなのですが『話し合い』や『ミーティング』ってなるべく短時間で要点を話て終わりたいわけです。

 

だって時間の無駄なんですよ『話し合い』って。

話し合いは重要でも『意見』を言えないよね

『話し合い』や『ミーティング』ってまず、何が目的なのかをはっきりしないと本当に時間の無駄だと思います。

同じ立場の人間同士が『話し合い』や『ミーティング』をするのならお互いに『意見』を言う事が出来るのですが。

 

立場の上下関係があるなかの『話し合い』って立場が下の人間が『意見に従う』事しかできないんですよ。

よほど自分の意見をハッキリ言える人間なら別ですがよほど入社して1年目の社員が自分より立場が上の方に『意見』なんてなかなか言えるものでもありません。

それがどれだけ正しい意見であっても言えないのが正確なのかもしれません。

 

ましてや社長とか会長とか上の立場の人間ならさらに言えないんですよね。

 

ですから『話し合い』や『ミーティング』は『意見』を言える場でなければいけないのです。

 

『意見』を求めるのではなく『報告』や『決定事項』・『発表』で十分なのです。

『ミーティング』・『話し合い』を簡潔に

私はそんな感じで社員時代はいつもこの話し合いって意味があるのか本当に疑問でした。

 

私の意見としては『ミーティング』や『話し合い』は必要です

でも、やり方やどうやってやるかが本当に重要だと思います。

 

私達美容師は本当にお話好きで『話し合い』や『ミーティング』をすると3~4時間なんて本当にあっという間に経過していきます。

私が勤めいていた会社では休みの日に1日かけて『話し合い』や『ミーティング』する事も珍しくありませんでしたが。

それで得られた事は本当に少ない事であり多分1/10ぐらいの時間で良いんじゃないのかなって常に疑問でした。

 

私が文字の練習や言葉の練習をして伝える練習をし始めたのもこの『話し合い』や『ミーティング』の時間を短縮する為でもありました。

参考:『ブログ』を始めました

それで『ミーティング』・『話し合い』の時間が改善されたのか?

結論から言いますが全くされません。私は進行する役でもあり参加する方でもありましたが。

 

考え方が違う人同士が話し合いをするので意見がまとまるには時間がかかるのは当然です。よっぽどの事がない限り立場の上の人間の方が意見が強くて終わってしまいます。

 

言葉や文章を勉強しても何も改善されなく終わるというのが現実です。

無駄な事をなくしませんか?

私はアイリス大山っていう会社のミーティングのやりかたが本当に凄いと思います。

なぜならこの会社は『ミーティング』は必ず立って行い大体10~5分ぐらいで終わります。

当然、少ない時間なので報告でほとんど終わるわけなのですが『ミーティング』は1回ではなく1日何度も行われます。

 

作業をしながらなのでどうやってそれを可能にしているのかわわかりません。

ですが『ミーティング』時間より作業時間が圧倒的に多いのです。

 

アイリス大山はまずはやってみる。

 

ここです、まずはやって改善するのです話はそれからなのです。

 

よくPDCAって言いますがこのPDCAって最終的に何回も繰り返し行い改善しなければいけないのですがAのアクションがなければどれも生まれません。

 

Pが多ければ行動ができません。

Dが多ければ行動ができません。

Cが多ければ行動ができません。

Aが多ければPが多くなりDも多くなり最終的にCが多くなるのです。

 

と私は思っております。

だからまず話し合いやミーティングをする前に行動しましょう。

結果は後からです。

参考:考えると考え直すは違う

まとめ

会社や組織で発言して意見が通っても世の中には本当にちっぽけな物です。

もっと大切な事は最終的にはやってみないと分からないのですこれからの事なんか誰にもわかりません。

分かる事は今までやってどうだったか?そしてその改善でしかありません。繰り返し失敗する事で生まれるのです。

その為には考える時間よりも行動する時間が必要だって思います。

 

 

そんなわけでただの酔っぱらいです。

 

おしまし

 

The following two tabs change content below.

 - 仕事