ズボンのチャックが開いてますよ

『ブログ』で書きたい事を書いてます

夢物語・イジメを体験して

   

仲間はずれ

僕はとある事が原因でクラスから仲間はずれにされることになる。

 

僕は村瀬

 

ちょっとした事が原因でクラスの仲間から徹底的に無視をされるようになった

 

何がいけなかったのか?

どうしてこうなったのかは分からない。

 

ただ、僕のない頭で分析をするとクラスのリーダー的存在の『田丸』から反感を買ったのだと思う…

僕は何もしていない、ただ反感を買っただけでクラス全員から無視をされる存在になった。

コレがイジメなんだ…

何が原因なのかもわからない。

 

ただ、初めてこれがイジメなんだと感じたのは放課後の掃除の時間だ。

いつも通り決められた持ち場を掃除していたら『田丸』から何度も『おい、ここ掃除してないじゃないか!』と何度も罵倒されてからの事だ。

 

私は真面目に掃除をしていました、しかも目の前にクラスメイトがいるので嘘か本当かは目に見えているのに『田丸』は何度もいやがらせのように注意をしてくる。

始めは掃除してもゴミがあって汚かったのかな?っと思いすぐに掃除に取り掛かりました。

 

でも、『田丸』は『全然やってねぇ~じゃないか』って返ってくる。

 

さすがに私は何でこんな事を言ってくるのかさっぱりわかりませんでした。

でも、3回目でやっと気づきました。これってイジメなんだって。

 

同じ掃除場所を担当しているクラスメイトは無言で私と目を合わせても何かを訴えるようにして何も反論をしてくれません。

『田丸』はクラスのリーダーだけでなく生徒会長でもありココで何か反論をしたら自分が標的になると思ったのか無言で何も反論してくれない…

ここから恐怖の幕開けだった…

授業中では

やはり僕は標的にされてしまったのか授業では何やらひそひそ周りで話声が聞こえ。

僕以外の周りでは私手紙が回っている。

 

授業が終わっても誰も話をしてくれない、今まで仲の良かったクラスメイトも話をする事もなく無視をされる…

こんな日が何日も続き僕は毎日学校に行くのがつらくなって来ました…

 

来る日も来る日も…

スマホで答えを探す

授業中も集中ができず周りが気になる…

僕はこの状況を何とかしなければと思いどうしたらよいかスマホで検索をしてみる。

 

当然、スマホで検索をした答えは全く僕の今の状況を何とかできる情報ではなくスマホで検索している自分がばからしくなってきました。

 

そんな無駄な事をして検索ページも5ページぐらいの所でふと目に入ってきたのが『あなたの考え方ですべては変わる』

 

こんなタイトルの検索ワードが目に入ってきました。

なんだか気になってので僕はすぐにクリックをして検索ページを開きました。

答えと同時に…

検索ページを開くとなんだか作者であろう女性のヘッダーが見え半分英語・中国語混じりのサイトが開きます。

 

サイトが途中まで開いた所で急に前の席のクラスメイトがスマホを覗き込む私に無言で本を差し出してきました。

 

前の席のクラスメイトの名前は『河井』

『河井』はもともと本が好きなクラスメイトで人と関わる事がほとんどないクラスメイトでいつも一人孤独に毎日本を読んでいる。

もちろんこの僕も『河井』とは一度も話をした事がない。

 

『河井』が差し出してきた本は僕が今開いたばかりのサイトと同じ女性のカバーだった。

『河井』は無言で本を差し出してきて『貸してあげる』や『読んでみろ』など一言も言わず僕にその本を差し出す。

 

僕は反射的に本を受け採ったと同時に『河井』は何もなかったかのように前を向く。

これを読めという事なのかこの本をくれるという事なのかは不明だったが僕が開いたサイトと偶然同じ女性が載っていたので反射的に受け取ってしまった…

本の中身

なんだかわけもわからないまま本を受け取ってしまった。

 

とりあえずもう一度サイトを見る事に。

 

そのサイトは『あなたの考えですべては変わる』

 

ざっくりサイトを見てみると、人としてどんな考えを持っていけば幸せになれるか?

どういう考えを持つことで逆境を乗り越えれるのかなどなどが書いてありました。

 

なんでも作者の方も世界中で勉強をして現在は中国を拠点に活動をされているという所までは分かったが最終的に何を伝えたいのかは分からなかった。

 

とりあえず本を読んでみるか…

 

『河井』が差し出してくれた本は読みやすく物の30分で読み終えました。

 

この本で学んだ事は

  • 人としてどうあるべきか?
  • 伝えなければ伝わらない。
  • やって見てダメだったら次を考える。
  • ダメ、無理と思わない

そんな所が頭に焼きついたようだ。

終わりに本の価格を見ると648円…『河井』はこの本は上げるつもりなのか貸してあげるつもりなのかわからないので最悪買い取ると言う事が脳裏に浮かんだ…

帰宅

サイトを知ってからすぐに本が目の前に出てきたというなんだか奇遇な事があり一日が終わった。

 

僕が帰宅する頃には部活動も終わりみんな順番に帰宅をしている。僕もそろそろ帰宅しなきゃ…

いつも通り帰宅をしていると目の前に『田丸』帰宅している…

 

実は『田丸』とはもともと幼馴染で家も近所なので小さい頃はよく遊びんだものだ。

いつごろかわからないが高校に入ってから段々話をする事もなくなんだかあまりかかわる機会がなくなってしまった。

 

当然帰宅するルートも同じ。

 

超気まずい。

 

そんな事を考えていたら『田丸』もこちらに気づいたのか無言で僕の横に並び一緒に歩く…

『田丸』が生徒会長に立候補した理由

『田丸』はイケメンでスポーツも出来本当に万能なやつだ。

僕と比べるとすべてにおいてかなう相手ではない。

 

そんな『田丸』は超人気者で生徒会長に立候補したときも僕は即投票した。

『田丸』が生徒会長に立候補した理由は進学で有利になるからだと後から知った…

 

『田丸』が生徒会長に立候補したときに即投票したのは、演説が本当に感動的だったからだ。

田丸の演説は『イジメと真剣に向き合って良い学校を…』っていう演説だった。

僕はそれを聞いた時に本当に感動して田丸に票を入れたのだ

 

後になって進路に有利になるから立候補したとしってからはショックで何日かは立ち直れなかった事になったが…

『田丸』に思いを全てをぶつける

僕はそんな『田丸』の演説を思い出し、隣を歩いている『田丸』に泣きながら想いを話した。

 

『田丸君、君の生徒会長になる時の演説は本当に素晴らしく僕は感動したんだよ』

『イジメと真剣に向き合うって言ってた君はどうしちゃったんだよ?』

『君がやっている事は僕に対してのイジメじゃないか?』

 

泣きながら僕は何から話していいのか話す内容もぐちゃぐちゃで何を伝えたかったのかは分からない。

ただ、『河井』が差し出してくれた本を読んで、勇気をもらった気がして僕は思っている事をすべて伝えなきゃってすべてぶつけた。

 

それを聞いた『田丸』は動揺したのかちょっと立ち止まったかのように思えた。

『田丸』は『わりぃ』っと一言だけ言い残してその場をさっていった…

翌朝

僕は次の日もなんだか体調がすぐれないような感じでいつもより遅めに学校に投稿した。

 

学校に付き教室に入るとなんだかざわついている感じだ。

なんだか『田丸』を中心としてクラス会議でも行われているのだろうか、よくわからない。

 

教室に入ると『田丸』が話しかけて来た。

『村瀬おそかたな!今、お前の事で話合いをしている所なんだ』

『生徒会長としてお前を救ってあげたいんだ』

僕は正直何も状況を理解していなくなんだいきなりって感じで何も思わなかった。

 

しかし、周りのクラスメイトは今まで無視していたのがウソのように僕に親しくしてくれる。

 

これはあの本との出会いなのか良くわからないが『田丸』との関係は修復されたのかもしれない。

自分の前の席の『河井』はお構いなしかのように全く周りにも動じないで本を黙々と読んでいる。

・・

・・・

・・・・

 

こんな夢を見ました。

これは全くのフィクションです。

続きは夢から目覚めてしまったのでこれからどう展開するのかは分かりません。

ちょっとだけイジメについて考える

なんだかよくわからない夢を見ましたが本当にリアルな夢でメチャクチャ怖い思いをしました。

私は今までイジメられた経験はないと思っています。

 

正確に言うとたぶんイジメられていた方か仲間はずれにされていた方だと思います。

 

私が通っていた学校は県内でも屈指のモデル校と言われる所でイジメやチョットした問題があるとすぐに学年集会や全校集会がありました。

それほど、学校で対策をしていたのか、普通に1週間に3回ぐらいそんな集会がありました。

 

当時はそれが普通だと思っていましたが、今考えるとおかしいなって思うぐらい集会が多かったです。

 

話合う内容は本当にささいな事ですが『こんな事があったけど』みんなはどう考えるか?って話し合いだったともいます。

今はもうほとんど覚えてはいませんがイジメに対してや悪い事をしてどう思うかというダイレクトな話し合いではなく。

 

なんだかフィルターが掛かっていて表現を濁した内容について話し合っていたと思います。

 

ただ、話し合う内容は表に出ている問題点で本当に陰湿ないじめは殆ど話し合われないのが現実だったと思います。

いじめられた子と付き合う

付き合うとは交際をする事ではありません。

 

私は多分イジメられていた事親しくしていました、親しいって表現はおかしいと思うのですが全員同じように関わるようにしていました。

これは、小学校の頃の先生の教えなのか分からないのですが『全員仲良し・仲間』っていう指導をされた先生で中学校になってもずっとその教えを守っていました。

 

当時私が中学校2年生の時だったと思います。

学生だと常にグループと言われる仲のいい人や気の合う仲間で集まる事が多くなります。

中学生でも当然グループはできます。

 

私が中学生の時は何か少し他人と違うってだけで仲間外れにされてしまい『無視』をするって事がしょちゅうありました。

 

当時の私はなんだかわからなく普通に誰とでも接していたのですが急に『なんであの事仲良くするの?』って

他の女子から言われる事が少なくありませんでした。

 

その時私は分かりませんでしたが後から同級生から聞いてそれはイジメだったからだと聞かされました。

 

当然私が普通に接しているので仲間外れにしている方からすれば良い思いではないので絶えず良からぬ噂が流れていました。

 

『〇〇ちゃんと村瀬君って付き合っているんだって~』

 

こんな噂は絶えずありました。

 

私は自慢ではありませんがモテる事もなくイケメンでも無いので中学生の時は誰にも告白された事がなかったのでチョッピリうれしかったのですが。

対象にされていた女性からしたらどうだったのか?は分かりません。

 

こんな感じで悪い噂を流されイジメられている女性と一緒に私もイジメられていたのかもしれませんが。

私は全くイジメられていたと言う認識はありませんでした。

 

しかし、私の夢の話でもそうでしたがチョットした事でもイジメって感じてしまう方も多いのが現状です。

夢物語・まとめ

最近変な夢を見る事が多いのですが夢占いで言う何かのお告げなのでしょうか?

それともただ単に飲みすぎなだけなのでしょうか?

夢でもリアルすぎて本当に怖い思いをしたので記事にしました。

それでは今日はこの辺で…

The following two tabs change content below.

 - ブログ